バイオリンを始めるにあたって

 これから始める方やサイズアップの際にどのくらいかかるのかみなさん気になりますよね。

 バイオリンって高いんでしょ?そんなに予算がないんだけど・・・

 何を買えば良いのかわからない。

 

 みなさんが不安に感じる点を纏めてみました。

 予算を考えるときの参考にしてください。

バイオリンの価格帯

 上を見ていけばキリがないのが弦楽器の特徴です。

 予算に合わせて最大限のパフォーマンスが得られるよう当教室では楽器の選定のお手伝いをしています。

 予算ごとにセット(楽器本体、弓、ケース)で購入する場合は概ね下記のような内容になります。

 

10万円未満

 中国製や量産品の中古が中心。

 初心者モデルのため練習を重ねると早い人だと1年程度で楽器に対して物足りなさを感じるようになります。

 買い替えが前提の楽器といえるでしょう。

 

60,000円前後のバイオリン

 

 

10万~30万円

 東欧諸国の量産新作、ドイツ製のローグレード量産新作が中心。

 10万円台だと一部ドイツメーカーが販売しているもので中国で生産している物も含まれます。

 これから始められる大人の方ならこのくらいの予算でも選択肢が複数ありますが、弓の選択肢がそれほど多くないため弓だけの買い替えなどが必要になることもあります。

 

約200,000円のルーマニア製バイオリン

 

 

30万~50万円

 ドイツ製量産新作バイオリンが中心。東欧諸国の楽器なら一部ハイグレードもあります。

 ある程度長く一つの楽器を使うならこのくらいの予算が妥当でしょう。

 さらに選択肢が広がるだけでなく、弓との組み合わせによって予算内で音色を微調整できるなどのより細かい選定が可能です。

 

約400,000円のドイツ製バイオリン

 

 

50万~100万

 ドイツ量産新作のハイグレードモデル、オールドジャーマン、モダンフレンチ、イタリアン新作(ワークショップと呼ばれる修行中のお弟子さんの作品)が中心。

 この価格帯から新作だけでなく旧作(古い楽器)も選択肢に含まれてきます。

 

約500,000万円のドイツ製バイオリン 旧作

新作と旧作の特徴

 

 新作

  楽器の状態は健康。

  快活な音色。

  楽器の鳴りは浅い。

  ハイポジションが鳴るようになるまで時間がかかるが、楽器と一緒に育っていく実感は得やすい。

 

 旧作

  表面の傷や修理痕がある物もある。

  深みと奥行きのある音色が期待できる(古ければ良いという訳では!ちゃんと弾かれていた古い楽器の場合です)。

  ハイポジションも容易に鳴らせる(くどいようですがすべてではありません!)。

 

クラック修理痕

 

 適切な修理がされていれば表板の割れはほとんど問題ありません。

 ただこんな修理をしているバイオリンはダメ!っていうものもあります。

 それを見極めるのはなかなか難しいので旧作は先生と選定してくださいね。

 もちろん当教室では私がすべて選定に立ち会います。

おすすめは

 

 良く子供の分数楽器の大きさですについて質問されます。

 実際には腕の長さや発表会のタイミングで前後しますがサイズアップの身長の目安としては下記のようになります。

 

4/4 145cm~

3/4 135~140cm

1/2 125~135cm

1/4 115~125cm

1/8 110~115cm

1/10 105~110cm

1/16 ~105cm

 

 分数は安い物でも良いと思います。

 小学校5年生くらいからフルサイズ(大人のサイズ)になりますが、その時はちゃんとした良いものを選びましょう。

 

 ご予算もあると思いますが、私のおすすめ50万円前後のセットで本体はドイツ製の旧作です。

 楽器も育っているので演奏に際してストレスが小さくある意味楽器が助けてくれる側面もあります。

 一方新作は非常に快活に鳴る上見た目はきれいなのですが、鳴るようになるまで数年から十数年かかります。

 その間も練習で演奏会で使用するわけですから即戦力となるパートナーとしては旧作が良いでしょう。

他に必要なものは?

 

 バイオリンと弓があれば演奏は可能ですが他にも絶対必要なものや、あると便利なものがあります。

 

ケース

 持ち運ぶ時に必要なだけでなく練習が終わった後収納することで温度や湿度の急激な変化を和らげ、楽器に与えるストレスを軽減する役割があります。

 これは絶対必要ですね。

 

 15,000円前後 発砲スチロール製

 30,000円前後 グラスファイバー製

 50,000円前後 カーボン製

 100,000円前後 ブランド品

 

 飛行機内に持ち込めるサイズのケースもありますがまずはバイオリンと弓を先に選定し予算内で購入できるケースを選びましょう。

 

松脂(まつやに)

 弓の毛に塗ります。

 摩擦を大きくすることで音を出しやすくします。

 セットで購入するとサービスでついてくることがほとんどですが1,000円~5,000円くらいが一般的です。

 中には10,000円を超えるものもあります。

 

 松に対してアレルギーのある方は樫(カシ)脂やハイドロカーボン製の物もあります。

 

肩当(かたあて)

 楽器を持ちやすくし安定させるためのサポーターです。

 一般につけない方が音色は良いとされていますが音が劣化したとしても、楽器がきちんとホールドできないならつけた方が良いでしょう。

 5,000円~10,000円前後が一般的でこれもセットについてくることがあります。

 中には30,000円を超えるものも・・・

 

譜面台

 立って弾く時に目線が下がらないようにするためにはあった方が良いでしょう。

 テーブルに楽譜を置いて練習すると視線と楽器が下がるためフォームが崩れる原因になります。

 折りたたみ式なら1,500円~3,000円程度で購入できます。

 

チューナー

 バイオリンは練習の度に自分でチューニング(調弦)しなければなりません。

 ピアノなどの基準になる楽器があっても、チューニングのコツをつかむまではあると安心です。

 箱型の物からクリップタイプのものまでいろいろなメーカーのチューナーがありますが機能はどれも変わりません。

 2,000円~5,000円程度で購入できます。

   

Copyright © 2004-2019 Yuri Murata Violin School All Rights Reserved.