レッスンレポート

 頑張って練習されている生徒さんたちのレッスンの状況をご覧ください。

 頑張る生徒さんを見て私も頑張らなきゃと、パワーを貰っています。

 

 ※画像の掲載についてはご本人、保護者の方のご承諾をいただいております。

 

Report File 11

8月 6日

 

私の家庭的な手づくりの一部をご紹介します。

 

今朝10時から子供クラスのソルフェージュと合奏をしました。

 

まず始めに六年生の二人には聴音の書き取り問題を2題しました。
今日は苦手なタイでした。でも、書き取りはみんな好きです。

 

その後二年生も来たので今から弾く曲は何調か?聞きました。

今日はバルトークのメヌエットです。

その2オクターブの

ト長調の音階を

全音符を全弓

二分音符全弓

四分音符♪真ん中

八分音符♫先

16分音符先

でボーイングの練習もかねて五分弾かせました。
うちでなかなかやらないのでいつもやらせます。

 

その後来年の発表会で弾く

おもちゃのシンフォニーの全楽章を練習しました。

 

暑い日に約一時間よく頑張りました!
あと私の夕べの手づくりの牛乳寒天でホッと一息。
みんなとても嬉しそうでした。
子供は本当にみんなでワイワイしてる時が可愛いですね💕

次回も楽しみにしてます!

 

 

Report File No.10

7月19日

 

一回り大きな楽器になってご機嫌!
四ヶ月前に始めた時は1/16だったのが今月から1/10になりました🎵子供さんはあっという間に大きくなりますよね。
特にあったかくなる夏に。
この生徒さん、腕が長くなり弓が先にいくと足りなくてなって次のサイズに。
いい音になり嬉しそう。

Report File No.9

6月30日

 

当教室の特徴は合奏に力を入れてる事です。
大人も子どもみんなソロより合奏が楽しみで大変好評頂いています。
一人で弾けなくてもみんなと何回か弾いてると弾けるようになります。
今日はオモチャのシンフォニーとバルトークのメヌエットをたのしく弾きました。
来月も楽しみにね!

 

Report File No.8

6月12日

 

今回の大人の生徒さんは今ホーマンで弓の配分を勉強しています。
いつもとてもよくおさらいされてて毎回ご自分で発見があり楽しいそうでご立派です。
私は生徒さん一人一人の個性を重視して指導しています。
基本的に楽しく勉強してくださることが一番嬉しいです。

 

Report File No.7

6月4日

 

左指シフティングはボーイングと同じく美しい音色を作る為には大変重要です。
この生徒さんは初めて三年目ですが毎回とても研究されて感心してます。
今、小指の押さえ方とビブラートを勉強してますが指を立てずに力を抜く事を習得され
とても音が綺麗になってきました。

 

Report File No.6

5月23日

 

今日の生徒さんは基礎からやり直したい方で練習曲セヴシック作品1-1の11番、
右手首を柔らかくして移弦、フリマリーの同じポジションで音階1〜3ポジションとデターシェ、
スタッカート、サルタートの練習をしました。ボーイングテクニックはやはり必須ですね。

Report File No.5

5月17日

 

ベランダ

今日、初心者の生徒さんから「弓の持ち方で親指の脱力法」について質問がありました。
弓を持つ時、薬指はフロッグの白い丸い所に吸いつけ他は乗せるだけです。
手首は上げ弓下げ弓で出し入れします。
そうすれば親指に力も入らず弓と弦は良く吸い付き綺麗な音になります。。

Report File No.4

5月17日

 

ベランダ

毎回ピアノで好きな曲を楽譜無しで弾いてくるK君。
まだ始めて一年です。学校の音楽で習った威風堂々、パッフェルベルのカノン、
フランクのバイオリンソナタを弾きたい!と言うので一緒に音を探して弾けるようになりました。
弾きたい!情熱と音を覚える才能に満ち溢れてますね。

Report File No.3

5月14日

 

ベランダ

バイオリンもピアノも大好き! で先月始めたばかりのH君。

小さいながらやる気満々です。
1/16の楽器でチェコのJ Mickaの教本とスズキ教本で勉強してます。
毎回ニコニコとても楽しんでて少しずつ弾けるようになってきました。
デビュー楽しみにしてますよ。

Report File No.2

5月14日

 

ベランダ

初見で弾くことは最も大切です!小学生のR君は始めにメロディーの書き取りとソルフェージュを初見で弾かせました。
リズムは鉛筆で両手リズム打ちさせたら直ぐ出来ました。
ポジション移動は第六まで音階で練習しました。弾きたい曲がドンドン増えるね!楽しみです。
頑張ってね。

Report File No.1

5月11日

 

ベランダ

毎週必ずみえるこの方は始めて数年です。とてもご熱心でよく練習し大変真面目に通われてご立派です。
今日もセヴシックで左の押さえ方を一緒に勉強しました。
弦によって押さえ方の角度や圧力で音色の違いを体で感じるそうです。
その通り沢山練習してると自分でわかるんですね

   

Copyright © 2004-2019 Yuri Murata Violin School All Rights Reserved.